本文へスキップ

有限会社大平製作所は、コーティング・溶接・転造・プレス・曲げを専門とする部品加工会社です。

TEL. 0258-72-3791

〒940-2403 新潟県長岡市与板町本与板三千町2403

新着情報・FAQコーティングについて

コーティングについて

ディップコーティングとは

コーティング

コート剤を塗布する方法のひとつで、ワークをコート剤に浸漬させ引き上げる方法です。
ワーク全体を浸漬させるため全面の膜厚が均一となります。
また凸凹のあるワークなど様々な形状に対しても塗布が可能です。
当社ではPVC(塩ビ)PA11(ナイロン)のコーティングが可能です。

当社のディップコーティングは以下の手順で行います。

  1. 各種金属(ワーク)を予熱炉にて加熱。
  2. 液中に浸漬させ引き上げます。(ナイロンは粉中)
  3. 硬化炉にて再度加熱します。
  4. 空冷方式で冷却を行います。

PVC(塩ビ)の場合

塩ビコーティング
ナイロンの場合

ナイロンコーティング
コーティング性質

性  質 PVC(塩ビ) ナイロン
耐候性 屋外使用による、変形、変色、劣化等の 変質を起こしにくい性質
耐酸性 酸による腐食に耐える性質
耐アルカリ性 アルカリによる腐食に耐える性質
絶縁性 電気を通しにくい性質
耐摩耗性 摩擦による変質を起こしにくい性質

コーティング色

現在当社での取り扱いコーティング色は、
PVC(塩ビ)・ナイロン共に 『アイボリー』 『青』 『黒』 の3色。

※上記以外のコーティング色についてはお問合せください。




FAQ

よくある質問

Q.どのような部材にコーティング加工することができますか?

A.コーティングできる材質は鉄、ステンレス、アルミ、銅などの金属への加工が可能ですが 高温処理するため、以下の内容をご確認ください。
PVCコーティングは、230℃から280℃に加熱するため、膨張、収縮など形状変形する可能性があります。
ナイロンコーティングは、320℃から360℃に加熱します。PVCの条件に加え表面処理(メッキ等)を 行っている部品については変色またはメッキの剥がれる可能性があります。
生地部品については油分が付着していると高温で加熱するため『油焼け』が生じる可能性が ありますので脱脂後の部品を推奨します。
コーティングテスト等も可能ですのでご相談ください(部品により費用の発生する場合があります)

Q.コーティングの可能部品サイズはどの程度ですか?

A.コーティング部はゾル槽の大きさ、部品全体のサイズはコーティング装置の開口部に起因します。
ゾル槽および開口部のサイズについては下記を参照ください。 ナイロンについては開口部が狭いため開口部のサイズに起因します。

《PVC》
ゾル槽サイズ:D620xW620xH320
開口部       :D600xH340

《ナイロン》
開口部       :D500xW150

Q.短納期での対応は可能ですか?

A.稼働状況によりお時間をいただく場合もありますがご希望に添えるよう迅速対応を心掛けます。 納期についてはご相談ください。

Q.どのようなコーティング材を使用していますか?

A.当社で取り扱っているコーティング剤は、PVC(塩ビ)は(株)コバヤシ社製の指令追加4物質対応品(RoHS対応) ナイロンはリルサン社製ファイン・パウダー(バイオマス認定品) となります。



バナースペース

有限会社大平製作所

〒940-2403
新潟県長岡市与板町本与板三千町2403

TEL 0258-72-3791
FAX 0258-72-3373